楽天モバイルの留守電2種類の特徴と料金

楽天モバイルのスマート留守電は文字でも読める!

楽天モバイルにはベンリなオプションがたくさんありますが、中でも留守番電話は電話をよくする方にとってはなくてはならないですよね。楽天モバイルには「スマート留守電」と普通の「留守番電話サービス」という2種類の留守番電話サービスがあります。

1.スマート留守電(月額290円)

「スマート留守電」はもともと、ソースネクストという会社のサービスです。楽天モバイルと提携しているので、楽天モバイルユーザーは楽天モバイルへの支払いで利用が可能になります。電話に出れなかった場合、電話は「スマート留守電センター」に転送され、そこで録音、文字起こしの作業が行われ、利用者のスマホに送信されます。

「読める」留守電

スマート留守電は、通常の留守番電話のように吹き込まれた留守電を聞くだけでなく、文章にして表示してくれる、というベンリな機能があります。なのでたとえば会議中に留守電が入った場合、それをこっそり読んでメールやらLINEやらで返信する、と言った対応が可能なのです。

また、スケジュールや必要書類、など重要な報告だった場合、文字にしてくれるので、自分でメモをとる必要がありません。

登録していない相手を予測

たとえば運送会社や、銀行、クリーニングの電話など、登録していない番号からの留守電が録音されると、590万件以上あるデータベースを参照し、予測して教えてくれます。

聞きたいところだけ再生

起こされた文章の聞きたいところをタップするとそこだけ再生してくれます。文字お越しは完璧ではなく、意味が通じない場合、はじめから聞かなくても済むのでとても便利です。

メールでも届く

メールアドレスを登録しておけば、メールでも文章と音声データ(mp3)を送ってくれます。なので、スマホへの留守電をPCなど別の端末で確認する、ということも可能です。

スマホを家に忘れて来た場合に、会社のPCで留守電を読む、聞く、といったことが可能です。

複数の端末でも利用出来る

スマート留守電に登録すると、050から始まる電話番号がもらえます。かかってきた電話をこの番号へ転送するように登録しておけば楽天モバイルのスマホ以外でもスマート留守電のサービスを受けることが可能です。

複数代スマホを持っている方は、月額290円で何台でも利用が可能になるのです。

海外でも使える

起こされた文字、音声ファイルの送信はインターネット回線を通して行われますので海外にいても特別な料金がかかることなく利用可能です。ただし、当然ネットがつながっている状況でないと送られて来ないので注意が必要です。

注意点は通話料がかかること

スマート留守電センターへ転送し、電話をかけてきた人が録音している間、30秒20円の通話料がかかってしまいます。留守電が多すぎると料金がどんどん加算されますので、注意が必要です。

2.留守番電話サービス(月額300円)

こちらは通常の留守番電話サービスです。スマート留守電のような機能が必要ないという方におすすめです。こちらは録音中に通話料が発生することはありません。

申込方法&手順

留守番電話サービスは、楽天モバイルのご契約後、メンバーズステーションから申込み可能です。申込みからご利用開始まで、最大で2日かかります。

  1. メンバーズステーションにログインする
  2. 「音声付加サービス」の欄で[お申し込みへ]をクリック
  3. 注意事項を確認し、[留守番電話サービス]のチェックボックスにチェックをつけ、[確認画面へ]をクリック
  4. 申込み内容を確認し、問題なければ、[お申し込み]をクリック

以上で申込は完了です。留守番電話サービスの利用開始まで最大2日かかります。利用開始となったら、「留守番電話サービスの設定方法」に進んでください。

留守番電話サービスの開始

  1. 「1411」に発信します。
  2. 「ただいまから留守番電話サービスを開始します」のガイダンスが流れたら電話を切ります。

留守番電話サービスの停止

  1. 「1410」に発信します。
  2. 「サービスを停止しました」のガイダンスが流れたら電話を切ります。

伝言メッセージの再生/保存/消去

  1. 「1417」に発信します。
  2. 新規のメッセージがある場合はメッセージの件数がガイダンスで流れた後、メッセージが再生されます。
  3. メッセージを確認後、下記のいずれかの操作を行います。
    • もう一度聞く場合 :「1」を押します
    • 保存する場合 :「2」を押します
    • 消去する場合 :「3」を押します
    • 次のメッセージを聞く場合:「#」を押します
  4. 「メッセージは以上です」のガイダンスが流れたら、「*(米印)」を押して電話を切ります。

保存したメッセージの再生/保存/消去

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「1」を押します。
  3. 保存した伝言メッセージを確認したら下記のいずれか操作を行います。
    • もう一度聞く場合 :「1」を押します
    • 保存する場合 :「2」を押します
    • 消去する場合 :「3」を押します
    • 次のメッセージを聞く場合:「#」を押します
  4. 「メッセージは以上です」のガイダンスが流れたら、「*(米印)」を押して電話を切ります。

呼出時間の設定

留守番電話サービスセンターに接続されるまでの呼出時間を設定することができます。

  1. 「1419」に発信します。
  2. ガイダンスが流れたら呼出秒数を 0から120 の間で入力して「#」を押します。
  3. 設定した内容がガイダンスで流れたら、「#」を押して電話を切ります。

応答メッセージを全て自分の声に変更する

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「9」を押します。
  3. 現在の設定内容がガイダンスで流れたら「2」を押します。
  4. 応答メッセージの設定に関するガイダンスが流れたら「2」を押します。
  5. 発信音の後に応答メッセージを録音し終了したら「#」を押します。
  6. 録音したメッセージが流れます。確認後「1」を押します。
  7. ガイダンスが流れたら「*(米印)」を 2 回押して電話を切ります。

名前のみ自分の声に変更する

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「9」を押します。
  3. 現在の設定内容がガイダンスで流れたら「2」を押します。
  4. 応答メッセージの設定に関するガイダンスが流れたら「4」を押します。
  5. 発信音の後に名前を録音し終了したら「#」を押します。
  6. 録音したメッセージが流れます。確認後「1」を押します。
  7. ガイダンスが流れたら「*(米印)」を 2 回押して電話を切ります。

発信者番号案内の設定

留守電メッセージを聴く時に、相手(発信者)の番号を音声で伝えてくれるサービスです。

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「9」を押します。
  3. ガイダンスで流れたら「3」を押します。
  4. 現在の設定内容のガイダンスが流れたら下記のいずれかの操作をおこないます。
    現在の設定のまま変更しない場合:「1」を押します
    現在の設定から変更(開始もしくは停止) する場合:「2」を押します
  5. 設定した内容がガイダンスが流れたら「*(米印)」を 2 回押して電話を切ります。

不在案内の応答メッセージ録音方法

長期間留守番電話を聞く事ができない場合等のメッセージです。

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「9」を押します。
  3. 「ただいま留守番電話に設定されています」のガイダンスが流れたら「1」を押します。
  4. 「不在案内に変更します」のガイダンスが流れますので、発信音の後に応答メッセージを録音します。録音が終わりましたら「#」を押します。
  5. 録音したメッセージが流れますので、確認後「1」を押します。
  6. ガイダンスが流れたら「*(米印)」を 2 回押して電話を切ります。

不在案内の応答メッセージ変更方法

  1. 「1416」に発信します。
  2. メインメニューのガイダンスが流れたら「9」を押します。
  3. 「ただいま不在案内に設定されています」のガイダンスが流れたら「2」を押します。
  4. 不在案内の応答メッセージを確認・変更する内容のガイダンスが流れたら「2」を押します。
  5. ガイダンスが流れたら「2」を押します。
  6. 発信音の後に応答メッセージを録音し終了したら「#」を押します。
  7. 録音したメッセージが流れますので、確認後「1」を押します。
  8. 録音が終わりましたら「#」を押します。



以上!

おしまい

「スマート留守電」は他にはない面白いサービスですよね。録音中の通話料が発生してしまうのがネックですが、使い勝手がいいので検討してみてはいかがでしょうか?

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。