楽天会員だと楽天モバイルはどれだけ得?ポイントは?

楽天モバイルは楽天会員にとってどれだけお得か

通販サイトとして有名な楽天が運営する「楽天モバイル」は格安SIMの中でも特に人気があります。それはやはり利用者数の多い通販サイト楽天市場の会員が多く乗り換えているからではないでしょうか。なぜなら楽天会員が楽天モバイルを使うとおトクなサービスが多々あるからです。その内容を詳しく見て見ましょう!

1.楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

楽天会員にはおなじみの楽天スーパーポイント。楽天市場をはじめとした楽天の提供するサービスや、提携先の無印良品などの提携サイト、またはマクドナルドなど提携している街のお店でもポイントを貯めたり、支払いに使ったりすることができます。

楽天モバイルで使える!

楽天モバイルの月々の利用料の支払いに1ポイント=1円として使うこともできます(毎月の端末割賦費用は対象外)。毎月楽天市場でポイントを貯めて、楽天モバイルの支払いに使う、ということが可能です。

楽天モバイルで貯まる!

楽天モバイルの月々の支払いでも100円につき1ポイント、楽天スーパーポイントを貯めることができます。対象となるのは、月額基本料、通話料(国際電話、国際ローミングサービス含む)、楽天でんわ by 楽天モバイル利用料、SMS送受信料、留守番電話、キャッチホン、転送電話、ユニバーサルサービス料です。その他費用はポイント付与対象外です。

さらにスーパーポイントアッププログラム対象!

楽天モバイルの通話SIM契約中は楽天市場でのお買い物で貯まるポイントがずっと+1倍になります。これは全ショップ対応です。楽天カードを持っていて(+3倍)、楽天アプリから買い物をすれば(+1倍)、それだけでもう+5倍になります(通常の6倍)。

以上のように、楽天会員にとって楽天モバイルはポイントの面においてかなりおトクなサービスです。

2.スーパーホーダイ利用者はお得!

初年度の支払いが割引!

楽天会員がスーパーホーダイプランに新規申込した場合、S、M、Lどのプランでも初年度月々-1,000円になります。またさらに、M、Lプランは初月のみSプランと同じ1,980円となります。つまり非会員の場合と比べて、Sプランだと12,000円、Mプランだと13,000円、Lプランだと15,000円お得になります。

さらにダイヤモンド会員の場合はそこからさらに-500円になります。つまり初年度ずっとダイヤモンド会員だった場合は、非会員の場合と比べて、Sプランだと18,000円、Mプランだと19,000円、Lプランだと21,000円もお得になります。

ダイヤモンド会員とは、「6ヶ月で4,000ポイント」「ポイント獲得階数6ヶ月で30回」「楽天カード保有」でなることができる楽天会員のランクです。

長期優待サービスで割引orポイント付与!

スーパーホーダイには「長期優待サービス」というサービスがあり、最低利用期間を自分で決め、それに応じた割引を受けられます。スーパーホーダイ申込時に端末(スマホ)も一緒に購入した場合は、最低利用期間3年で20,000円、2年で10,000円、端末が割引になります。端末がそれよりも安い場合は、差額分を楽天スーパーポイントでも貰えます。

また端末を購入しなかった場合も、最低利用期間3年で20,000円相当、2年で10,000円相当の楽天スーパーポイントがもらえます。これは楽天スーパーポイントのみなので、楽天会員でなければ受けられないサービスです。

ちなみに、最低利用期間を決めると、それ以降に解約しても契約解除料が発生しません。これは大手キャリアと比べて解約しやすく、ユーザー目線に立ったサービスです。ただし最低利用期間に達する前に解約する場合、契約解除料が発生しますので注意が必要です。

  • 最低利用期間1年の場合、1年未満で解約すると、契約解除料9,800円
  • 最低利用期間2年の場合、1年未満で解約すると、契約解除料19,800円、2年未満で解約すると9,800円
  • 最低利用期間3年の場合、1年未満で解約すると、契約解除料29,800円、2年未満で解約すると19,800円、3年未満で9,800円



以上!

おしまい

 

楽天会員にとって、楽天モバイルがどうお得なのか見てきました。まだ楽天会員でない方も、楽天モバイルを利用する場合は、楽天会員になっておくと、お得になりますよ!

 

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。