4月30日よりマツキヨでもdポイントが使える&貯まる!

2018年4月30日からマツキヨでもdポイントが使用可能に!

ドコモが提供するお得なポイントカード「dポイント」を利用している方に朗報!dポイントがマツモトキヨシでも貯まる&使えるようになります!

4月30日よりマツキヨでも使える!

4月30日(月)より、まずは東京、名古屋、大阪エリアの約850店舗で使えるようになります。それ以降は順次、全国1600店舗でも使えるようになる予定です。

なんとマツキヨポイントも同時に貯まる!

マツキヨ店舗で支払いの際にdポイントカードを提示することで、購入額100円(税抜)ごとにdポイントが1ポイント貯まります。また嬉しい事に、dポイントカードと同時にマツキヨポイントカードを提示すれば、マツキヨポイントも貯まっちゃいます!
つまり、一度の買物で最大2%のポイントが貯まることになるんです!

dカードで決済するとさらに貯まる!

さらに、全国のマツキヨ店舗およびマツモトキヨシオンラインストアでは、4月30日(月)から、お買物の決済にdカードを利用すると、dカードの決済で貯まる1ポイントに加え、購入額100円(税込)ごとに、さらに2ポイント(合計3ポイント)が貯まります。

これにより、カード提示によるのdポイント1%+dカード決済3%とマツキヨポイントカードの提示によるポイントとあわせ、マツモトキヨシでのお買物で最大5%のポイントが貯まることになります!

貯まったポイントは他でも使える!

マツキヨで貯めたポイントももちろんdポイントがつかえるお店やドコモの支払いに使えますよ!ローソンやマクドナルド、無印良品のオンラインストアなどで使用可能!

記念キャンペーンも実施!

マツモトキヨシは「dポイント」の取扱い開始を記念して、対象の店舗でdポイントカード等を提示すると、通常の3倍のポイントがもらえるキャンペーンを4月30日(月)から実施します。

dポイントって何か詳しく知りたいなら!

もっと詳しく知りたい方は過去の記事も参考にしてみて下さい。

以上!

今回マツキヨと提携したことで、Tカードと並ぶ一大勢力になりそうな予感がしますね!dポイントカードを持っていない方は早めに作ってお得に買物しましょう!

dポイントを始めてみよう!ドコモユーザー以外もお得に!

dポイントの始め方を調べてみたよ。

dポイントってCMでもやってるし気になるけど、よくわからない部分が多かったのでいろいろ調べてみました!結果、dポイントカードはドコモユーザーじゃなくても使えるお得なカードでした!

dポイントってそもそも何?

dポイントとは、docomoが提供しているポイント制度のことです。ツタヤが始めたTカードみたいなものです。加盟店でポイントを貯めたり使ったりすることができます。

dポイントカードはどこでもらえるの?

dポイントカードは、dポイントがつかえるお店や、ドコモショップでもらえます。店員さんに「dポイントカード下さい」と言えば貰えますよ。

dポイントカードが使えるお店は?

dポイントが使えるお店で代表的なのは、ローソンとマクドナルドです。なので、ローソンとマクドナルドをよく使う方はカードを使うメリット大です。コンビニはローソンしか使えません。スーパーや薬局でもっと使えるようになってほしいものです。

またオンラインショップでもdポイントを使う事もできます。

使えるお店はこちらの記事をチェック!

【CMでも話題!】dポイントって何?使い方、使える店まとめ!

dポイントはどうやって貯めるの?

お買い物の際に、dポイントカードを見せればOKです。Tカードなどのポイントカードと全く同じです。お店の人がバーコードを読み取ってくれますよ。オンラインショッピングでも加盟店であればポイントを貯める事ができます。

また、それ以外にも、docomoユーザーは月々のケータイ代の支払いや、docomoのアンケートやゲームで貯めることもできます。

dポイントはどの位貯まる?

ローソンやマクドナルドの場合、100円(税抜)で1ポイント貯まります。なので1%ですね。Tカードはだいたい200円(税抜)で1ポイントなのでdポイントの方が貯まりやすいですね!

ただしお店によって貯まり方は違うので注意が必要です。

1ポイントいくらで使えるの?

1ポイント=1円として使えます。ローソンやマクドナルドなどの加盟店で使うことができます。

有効期限はあるの?

dポイントには有効期限があり、獲得した月から起算して48か月後の月末までがそのポイントの利用可能期間です。2年間あるので余裕はありますが、こまめに使うことをおすすめします。

一方、Tポイントカードはポイント自体には有効期限がないので、ずっと貯め続けることもできます。そこがdポイントのちょっと不便なところですね。

以上!

docomoがやってるとなると、docomoユーザー以外はちょっと感心が向きにくいですが、Tカードと同様、持っておくと何かとお得になりますね!とくにローソンやマクドナルドなどをよく使用する方は是非使ってみて下さい!

 

【CMでも話題】dポイントって何?使い方、使える店まとめ

ドコモのdポイント使い方&貯め方を解説!

黄色い鳥のぬいぐるみと中条あやみさんのCMで御馴染みのドコモ「dポイント」について解説します!使い方、使える店から、ドコモユーザー以外でも使えるのか、などの疑問にもお答えします!上手に貯めて使えばお得★

そもそもdポイントって何?

dポイントはドコモが提供しているポイントサービスのことです。ドコモユーザーはもちろんのこと、ドコモユーザー以外の方でも「dポイントクラブ」に会員登録すれば利用可能です。

dポイントはドコモでのケータイ料金の支払い以外にも、提携している街のコンビニなどのお店、ネットショッピングの支払いに使えます。

1ポイント=1円として支払いが可能です。

d払いとドコモ払いの違いについて

ネットショッピングの際にdポイントで支払うことを「d払い」と言いますが、それとは別に「ドコモ払い」という決済方法もあります。ドコモ払いはネットショッピングのみに使える支払い方法で、月々のケータイ代と一緒に支払うことができる決済サービスです。ネットショッピングでドコモ払いを選択すると、自動的にその金額が月々のドコモのケータイ代に加算されます。

なのでドコモ払いはドコモのケータイを利用している方しか利用できません。しかし、d払いはドコモのケータイを利用していない方でも、「dポイントクラブ」に会員登録さえすれば利用可能です。

当然ドコモ払いでdポイントは使えませんし、貯まりません。キャンペーンなどで使える場合もありますが、基本的には使えないと考えた方がいいでしょう。

どんなお店で使えるの?

街のお店

  • ローソン
  • ローソンストア100
  • マクドナルド
  • ドトール
  • やまや
  • ノジマ
  • Joshin
  • 高島屋
  • 伊勢丹
  • 三越
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • コナカ
  • PLAZA
  • はなの舞
  • 東急ハンズ(5店舗のみ)
  • イオンシネマ
  • タワーレコード
  • かっぱ寿司
  • 紀伊國屋書店
  • EARTH(美容室)

などなど。コンビニがローソンでしか使えないのが残念ですが、百貨店や飲食店など幅広く利用可能です。美容室のEARTHでも利用可能なのがおもしろいですね。

使えるお店はレジ近くなどにdポイントが使える表示がありますから、自分のよく利用するお店で使えるかどうかチェックしてみて下さい!これからどんどん増えて行くでしょう。

ネットショッピング

  • メルカリ
  • ショップリストbyクルーズ
  • MOVIX21劇場
  • 新宿ピカデリー
  • 丸の内ピカデリー
  • 東劇
  • 神戸国際松竹
  • minne
  • ノジマオンライン
  • タワーレコードオンライン
  • Creema
  • DHC
  • BUYMA
  • ABCマート
  • 無印良品ネットストア
  • 高島屋オンラインストア
  • MAGASEEK
  • SHOPJAPAN
  • リンベル
  • JINSオンラインショップ
  • PLAZAオンラインストア
  • BEAMSオンラインショップ
  • UNITED ARROWSオンラインストア
  • ラクマ

などなど。支払いの際にd払いを選ぶ事で利用可能です。Webサイトによっては「d払い可能」などと大々的に記載されていないのでわかりにくいかもしれませんが、どこかにあるはずです。最終的な支払いの際に「d払い」が出て来なければ使えないと考えていいでしょう。

dポイントの貯め方は?

街のお店やネットショッピングで貯める

上記のお店でポイントを貯める事がきます。たとえばローソン、マクドナルド、タワーレコード、東急ハンズなどのお店では、dポイントカード・dカード提示すると100円(税抜)で1ポイント貯まります。

支払い方法は何でも大丈夫です。dポイントで支払っても貯まりますよ!

アンケートで貯める

カンタンなアンケートに答えるだけでポイントが貯まります!空いた時間などを利用してどんどん貯めましょう!

ドコモのケータイ利用、もしくは光回線で貯める

ドコモのケータイや、光回線に加入していると毎月支払額に応じてポイントが貯まります!

dカードで貯める

無料で貰えるdポイントカードとは別に、クレジット機能付きの「dカード」「dカードゴールド」があります。これらのカードはdポイントカードと同様に加盟店での提示によってポイントを貯めることができます。またクレジットの決済機能を使うことによってもポイントを、100円(税込み)につき1ポイント貯めることができます。

ドコモ 子育て応援プログラムで貯める

子供の誕生月にポイントが貰えます。

更新ありがとうポイントで貯める

ドコモのケータイを利用している方で、「ずっとドコモ割」を利用している方は、その更新の度にポイントがもらえます。

アクセサリーやオプション購入で貯める

スマホのアクセサリーやオプションなどドコモ商品を購入するとポイントがもらえます。

歩いて貯める

月額500円(税抜き)のスマホアプリ「dヘルスケアパック」を使うと、歩くだけでdポイントが貯まります。こちらはドコモの回線利用者限定になります。

注意!ポイントには有効期限がある!

色々お得に使えるdポイントですが、有効期限があるので注意が必要です!有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末です。

どうやって始めるの?

dポイントカード持っている方

dポイントクラブのWebサイトにアクセスしてカードを登録しましょう。dポイントを使用するには登録が必要です!

dポイントカードをお持ちでない方

以下の方法でカードをGETしましょう!

  • dポイントクラブアプリをダウンロードして発行!
  • 郵送で受け取る!(ドコモの回線を利用している方のみ)
  • 店頭で受け取る!(dポイントが使えるお店とドコモショップにて)

以上!

おしまい

ドコモのポイントサービス「dポイント」を解説しました。Tカードやポンタカードなど色々なポイントカードがありますが、それぞれ上手に使ってお得にお買い物をしましょう!

 

auのスマホ料金プランの選び方を解説!

auのスマホ料金プランをまとめてみた!

auのスマホ料金プランがわかりにくかったのでわかりやすくまとめてみました!プランを再考したい方、他キャリアからauへの乗り換えを検討されている方はぜひ参考にしてみてください!基本料金(通話プラン)+データ料金+LTE NET(インターネット接続料300円/月)で決まります。プランによっては通話料、ショートメッセージ料が別途かかります。

1.データプランを選ぶ!

データプランは、「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の2種類があります。auピタットプランは、データ利用量が増えるに従って階段状に料金が増えて行くプランです。auフラットプランは選んだ容量の分だけ定額で使えるプランです。

2.通話プランを選ぶ!

通話プランは「スーパーカケホ」「カケホ」の2種類があります。スーパーカケホは、1回につき5分以内の国内通話が24時間無料になるプランです。カケホは、国内通話が何分でも24時間無料になるプランです。

また「シンプル」というプランもあり、こちらは無料通話分がなく、電話をかけた分だけ通話料金がかかるプランです。

いずれも「スーパーカケホ」も「シンプル」通話料は30秒で20円です。またいずれも「2年契約(誰でも割)+家族割」適用時、家族間の通話は無料になります。(詳細下記)

3.割引を選ぶ!

2年契約(誰でも割)

2年単位のauの継続利用で基本使用料が割引になります。よくいう2年縛りというやつです。2年に一度やってくる契約更新期間に解約すれば、契約解除料がかかりませんが、それ以外の期間に解約すると契約解除料9,500円がかかります。解約の申込をしない限りは自動更新になります。「auピタットプラン」「auフラットプラン」だと1,500円割引になります。

家族割とセットで加入すると、同一の家族割グループへの国内通話が24時間無料になります。

2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)

2年間の継続利用で基本使用料が割引になります。3年目以降は割引額はそのまま、契約解除料がかかりません。ただし2年以内で解約・一時休止・本割引の廃止を行うと解除料9,500円がかかります。「auピタットプラン」「auフラットプラン」だと1,200円割引になります。

こちらも家族割とセットで加入すると、同一の家族割グループへの国内通話が24時間無料になります。

家族割

家族で家族割に申し込むと、au携帯電話をご利用ならSMS(Cメール)が無料になります。また家族間通話料が30%割引になります(指定割併用の場合60%割引)。

また「2年契約(誰でも割)」も一緒に申し込むと、家族間の国内通話料が24時間無料になります。

毎月割

新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種購入と同時に指定のデータ (パケット) 定額サービスに加入すると、利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引されます。

4.月額料金

まずはauピタットプランと各種通話プランの料金を見て行きます。

auピタットプラン×スーパーカケホの場合

auピタットプランは使った分によって料金が変わるプランで、スーパーカケホは5分以内の国内通話が無料のプランです。

  • 月間データ利用量が0〜1GBの場合/月額4,980円
  • 月間データ利用量が1〜2GBの場合/月額5,980円
  • 月間データ利用量が2〜3GBの場合/月額6,980円
  • 月間データ利用量が3〜5GBの場合/月額7,980円
  • 月間データ利用量が5〜20GBの場合/月額8,980円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

auピタットプラン×カケホの場合

auピタットプランは使った分によって料金が変わるプランで、カケホは国内通話が無料のプランです。

  • 月間データ利用量が0〜1GBの場合/月額5,980円
  • 月間データ利用量が1〜2GBの場合/月額6,980円
  • 月間データ利用量が2〜3GBの場合/月額7,980円
  • 月間データ利用量が3〜5GBの場合/月額8,980円
  • 月間データ利用量が5〜20GBの場合/月額9,980円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

auピタットプラン×シンプルの場合

auピタットプランは使った分によって料金が変わるプランで、シンプルは無料通話分のないプランです。

  • 月間データ利用量が0〜1GBの場合/月額4,480円
  • 月間データ利用量が1〜2GBの場合/月額5,480円
  • 月間データ利用量が2〜3GBの場合/月額6,480円
  • 月間データ利用量が3〜5GBの場合/月額7,480円
  • 月間データ利用量が5〜20GBの場合/月額8,480円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

次にはauフラットプランと各種通話プランの料金を見て行きます。

auフラットプラン×スーパーカケホの場合

auピタットプランは容量が選べる定額のプランで、スーパーカケホは5分以内の国内通話が無料のプランです。

  • 月間データ利用量が20GBまでの場合/月額8,000円
  • 月間データ利用量が30GBまでの場合/月額10,000円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

auフラットプラン×カケホの場合

auピタットプランは容量が選べる定額のプランで、カケホは国内通話が無料のプランです。

  • 月間データ利用量が20GBまでの場合/月額9,000円
  • 月間データ利用量が30GBまでの場合/月額11,000円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

auフラットプラン×シンプルの場合

auピタットプランは容量が選べる定額のプランで、シンプルは無料通話分のないプランです。

  • 月間データ利用量が20GBまでの場合/月額7,500円
  • 月間データ利用量が30GBまでの場合/月額9,500円

2年契約(誰でも割)に加入するとここから1,500円割引、2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)に加入すると1,200円割引になります。

以上!

格安SIM・格安スマホならもっと安くなる!

auのプランをまとめてみる、でした!auのwebサイトだと、割引をした料金が大きく出ているので安く感じてしまいますので惑わされないようにすることが大事です。自分にあった無理のないプランを選びましょう!

もっとスマホ料金を安くしたいなら、BIGLOBEモバイル楽天モバイルOCN モバイル ONEなど格安スマホにするのもいいですよ!

 

Softbankの料金プランの選び方

SoftBankのスマホ料金プランをまとめてみた!

SoftBankの料金プランが、公式ページだとわかりにくかったのでをまとめてみました。通話に関しての料金を決める「基本プラン」と、インターネットの利用料金を決める「データプラン」によってほぼ基本料金が決まります。あとはオプションをつけたりつけなかったりで増減します。またウェブ使用量として月300円は必ずかかります。通話料も無料通話分を超える場合は料金が加算されます。

1.まずは通話プランを選択!

ソフトバンクの通話プランは「スマ放題」「スマ放題ライト」「ホワイトプラン」の3種類あります。

スマ放題

24時間、すべての国内通話が無料になるプランです。2年契約(更新月以外の月に解約すると契約解除料9,500円が発生)と、2年契約(フリープラン)(使い始めてから24ヵ月目までに解約すると契約解除料が9,500円発生、25ヵ月目以降は0円)と2年契約なし(いつ解約しても契約解除料無料)の3種類から選べます。

  • 2年契約/月額2,700円
  • 2年契約(フリープラン)/月額3,000円
  • 2年契約なし/月額4,000円

スマ放題ライト

1回5分以内のすべての国内通話が無料となるプランです。こちらも2年契約(更新月以外の月に解約すると契約解除料9,500円が発生)と、2年契約(フリープラン)(使い始めてから24ヵ月目までに解約すると契約解除料が9,500円発生、25ヵ月目以降は0円)と2年契約なし(いつ解約しても契約解除料無料)の3種類から選べます。

  • 2年契約/月額1,700円
  • 2年契約(フリープラン)/月額2,000円
  • 2年契約なし/月額3,200円

ホワイトプラン

ソフトバンク同士なら午前1時から午後9時まで通話無料の料金プランです。ホワイトプランは2年契約(更新月以外の月に解約すると契約解除料9,500円が発生)のみのプランになります。

  • 2年契約/月額934円

2.次にデータプランを選択!

次にデータプランを選択しますが、通話プランによって選べるデータプランが決まっています。それぞれ見て行きましょう。

スマ放題/スマ放題ライトにした場合

スマ放題、もしくはスマ放題ライトにした場合、データプランは「データ定額プラン」になります。料金は、ひと月に使えるデータ通信量によって変わってきます。

  • ウルトラギガモンスター/データ定額50GB/月額7,000円
  • ギガモンスター/データ定額20GB/月額6,000円
  • データ定額5GB/月額5,000円
  • データ定額ミニ 2GB/月額3,500円(スマ放題のみ選択可)
  • データ定額ミニ 1GB/月額2,900円

ホワイトプランにした場合

ホワイトプランにした場合データプランは、「パケット定額サービス」になります。「パケット定額サービス」は、パケットし放題フラット for 4G LTE 7GB(どれだけ使っても定額)と、パケットし放題 for 4G LTE 7GB(使った分だけ料金が増えて行き、一定の金額になるとそれ以上はどれだけ使っても料金が増えて行かない。ただし7GBを超えると通信が低速になる)の2種類から選べます。

  • パケットし放題フラット for 4G LTE 7GB/月額5,700円
  • パケットし放題 for 4G LTE 7GB/月額2,000円〜6,200円

パケットし放題 for 4G LTE 7GBですが、15.5MB使うと、上限の6,200円になりますが、すこしWEBサイトを見たらすぐにいってしまうので、全くデータを使わない、という場合以外は、パケットし放題フラット for 4G LTE 7GBをおすすめします。

3.割引について

月月割

新しく携帯電話を購入した場合、月々のご利用料金から一定額を割引するサービスです。通話料・通信料などが24ヵ月間(ご購入2ヵ月目から25ヵ月目まで)割引になります。データ定額ミニ 1GBを選択した場合は、対象外になります。

スマホデビュー割

ソフトバンク、もしくは他社のケータイをご利用の方が、ソフトバンクでスマホを利用すると、月額1,980円で利用可能になるサービスです。1回5分以内の国内通話が無料+データ通信1GBがついてきます。またスマホ本体も特別価格で購入可能です。

以上!

格安SIM・格安スマホならもっと安くなる!

softbankの料金プランをまとめてみる、でした!docomoに比べると、選択肢が少ない分わかりやすくはなっているようです。もっとスマホ料金を安くしたいなら、BIGLOBEモバイル楽天モバイルOCN モバイル ONEなど格安スマホにするのもいいですよ!