楽天モバイルの「スーパーホーダイ」料金/メリットを解説!

楽天モバイル スーパーホーダイ

格安SIMでも特に人気の高い楽天モバイル。基本的なプランは、「スーパーホーダイ」か「組み合わせプラン」から選ぶ事になります。今回はその「スーパーホーダイ」について調べてみました!

こちらの記事もチェック!
楽天モバイル「組み合わせプラン」の料金体系/通話料を解説!
楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランの違い

1.楽天モバイル「スーパーホーダイ」の3つプラン

スーパーホーダイの選べる3つのプラン

スーパーホーダイはインターネットと電話ができるタイプの格安SIMプランの1つです。インターネットの高速通信ができる容量によって料金は変わります。月2GBで月額2,980円、月6GBで月額3,980円、月14GBで月額5,980円になります。

プランS:インターネット高速通信2GB/月で月額2,980

プランM:インターネット高速通信6GB/月で月額3,980

プランL:インターネット高速通信2GB/月で月額5,980

ちなみに月に利用可能なインターネット高速通信容量を使い切っても、インターネット通信はやや遅くなりますができますのでご安心を!

2.楽天モバイルのスーパーホーダイ3つのお得

お得その1. 高速通信容量を使い切っても最大1Mbps使い放題

先ほど月に利用可能なインターネット高速通信容量を使い切っても、インターネット通信はできる、と言いましたが、他社の格安SIMの場合、かなり低速(200kbps等)になってしまいストレスを感じることもしばしば。ですが、楽天モバイルのスーパーホーダイだと、高速通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでの通信が可能です。

YouTubeなどで高画質の動画を見る場合はややストレスになるかもしれませんが、LINEやメールはもちろん、Webサイトの閲覧もストレスなく可能です。ただし、混雑する時間帯(12〜13時、18〜19時)は最大300kbpsになりますので注意が必要です。また、あくまでも最大、なので人が多い場所等で使用すると遅くなるのは他者同様です。

お得その2. 5分かけ放題

楽天モバイルには通話オプションとして、電話がかけ放題になる「かけ放題」5分以内の電話がかけ放題になる「5分かけ放題」があり、それぞれ月2,380円、月850円で利用可能です。その「5分かけ放題」がスーパーホーダイにははじめからついています。追加料金なしで、国内電話が5分以内であれば無料になる、ということです。

5分以降は、30秒10円になりますのでお得です。これらは楽天モバイルが提供している「楽天でんわ」という無料アプリから電話をかければOKです。電話回線を使っているので途切れにくいですよ。

お得その3.  楽天会員なら月額利用料割引

楽天会員がスーパーホーダイを利用する場合、1年目は-1000円割引になります。また楽天会員のダイヤモンド会員ならそこからさらに-500円割引(1年目のみ)になります。

3.スマホ本体代割引もしくはポイントGETでおトク

スーパーホーダイ加入時に、最低契約期間を自分で選ぶ事ができるのですが、その年数によってスマホ代を新規購入の方は割引、そうでない方は支払いに使えるポイントがもらえます。最低契約期間が3年の場合2万円、2年の場合1万円です。購入したスマホが2万円未満の場合は、差額分をポイントでもらえます。ただし、これが適用されるのはスーパーホーダイを新規で契約した場合です。組み合わせプランからの乗り換えの場合は適用されませんのでご注意下さい。

また自分で決めた最低契約年数を超えると、契約解除料が無料になります。大手キャリアの場合、契約更新のわずかな間に解約しないと契約解除料が発生することを考えると、親切なシステムですね。逆に超える前に解約してしまうと、契約解除料が発生しますので注意が必要です。

最低契約年数を12ヶ月にした場合/12ヶ月以内に解約すると9,800円になります。

最低契約年数を24ヶ月にした場合/12ヶ月以内に解約すると19,800円、13ヶ月以上24ヶ月以内に解約すると9,800円になります。

最低契約年数を36ヶ月にした場合/12ヶ月以内に解約すると29,800円、13ヶ月以上24ヶ月以内に解約すると19,800円、25ヶ月以上36ヶ月以内に解約すると9,800円になります。

4.楽天スーパーポイントが使える、貯まる

これは組み合わせプランでも共通ですが、月々の利用料金の支払いに楽天スーパーポイントが使えます。また月々の支払い100円に対し1ポイントが貯まります。さらに、楽天モバイルの通話SIMを契約中は、楽天市場での買い物の際、ポイントがすーっと+1倍で貰えます。なので楽天モバイルの乗り換える場合は、楽天会員になっておいた方がおトクです。



以上!

おしまい

 

楽天モバイルのスーパーホーダイについてまとめてみました。通話もするし、インターネットも結構見る、というミドルユーザーにぴったりのプランですね。公式サイト【楽天モバイル スーパーホーダイ】もチェックしてみてください!

 

楽天モバイルへの乗り換え申込の流れを解説!

楽天モバイル 流れ

月々のスマホ代を減らしたい方必見!楽天市場を運営している楽天が販売している楽天モバイルは2017年現在、格安SIMの利用者数NO.1を誇ります。そんな楽天モバイルへの乗り換え手順をご紹介します。

1.自分に合ったプランを選ぶ

楽天モバイル プラン

楽天モバイルのプランは2つあります。1つは「スーパーホーダイ」プラン、もう1つは「組み合わせプラン」です。いずれもひと月に使えるインターネットの高速通信の容量によって月額料金がかわります。

スーパーホーダイ

スーパーホーダイは2GB/月で月額2980円(税別)、6GB/月で月額3980円(税別)、14GB/月で月額5980円(税別)の3タイプから選べます。楽天会員の場合は、いずれのプランでも1年目は−1000円になります。またダイヤモンド会員であればそこからさらに-500円となります。そしてスーパーホーダイの特徴は「通信速度1Mbps使い放題」と「5分以内の電話かけ放題」がついていることです。

「通信速度1Mbps使い放題」は月の高速通信容量を使い切っても、1Mbpsでインターネット通信が可能となる、というものです。他の会社では、高速通信溶炉湯を使いきってしまった場合、200kbps程度のかなり低速での通信になりますが、楽天モバイルではその5倍の速度で通信が可能とまります。また「5分以内の電話かけ放題」は「楽天でんわ」という無料の通話アプリをつかって国内電話をかけた場合、5分以内であれば通話料がかからない、というものです。5分以上の場合は、30秒10円で料金が発生します。

またスーパーホーダイの特徴の1つに契約期間を自分で選べる、という点があります。もし最低利用期間を12ヵ月にした場合、12ヵ月経つまでに解約すると9800円の契約解除料がかかりますが、12ヵ月以降の解約であれば契約解除料はかかりません。最低利用期間を24ヵ月にした場合、12ヵ月以内の解約で19800円、12ヵ月以上24ヵ月以内の解約で9800円の契約解除料がかかりますが、それ以降であれば契約解除料はかかりません。

さらに、この場合は「長期優待ボーナス」により10000円の割引(新規端末代の割引もしくはスマホ利用料の支払いに使えるポイントの贈呈)があります。また最低利用期間を36ヵ月にした場合、12ヵ月以内の解約で29800円、12ヵ月以上24ヵ月以内の解約で19800円、24ヵ月以上36ヵ月以内の解約で9800円の契約解除料がかかりますが、それ以降であれば契約解除料はかかりません。さらに、この場合は20000円の割引(新規端末代の割引もしくはスマホ利用料の支払いに使えるポイントの贈呈)があります。

組み合わせプラン

組み合わせプランは通常のシンプルなプランです。月の高速通信容量によって月額が代わり、通話は無料の通話アプリ「楽天でんわ」からかけると30秒10円となります。楽天モバイルには通話が無料になるオプションがありますが、それをつけない場合は、電話をしたらしただけ料金が加算されます。月額料金は高速通信が3.1GB/月の場合月額1600円(税別)、5GB/月で月額2150円(税別)、10GB/月で月額2960円(税別)、20GB/月で月額4750円(税別)、30GB/月で月6150円(税別)となります。また月額1250円(税別)で利用できるベーシックプラン、というものがあり、こちらは高速通信ができずに、ずっと200kbpsでの通信になります。Webページを読み込むだけでも時間がかかるので、電話はするけどインターネットはほとんどしない、という方向けのプランになります。LINEで文字を送る程度であれば問題なく使えます。

通話ができない、データSIM、050データSIMもこちらの組み合わせプランになります。

2.今のスマホを使うか乗り換え時新規で買うか

楽天モバイル スマホ本体

今のスマホを使う場合

docomoで購入したスマホであれば、楽天モバイルでも問題なくそのまま使用できます。au、SoftBankで購入したスマホの場合、事前にSIMロック解除が必要になります。SIMロックとはそれぞれの携帯会社が自社で購入したスマホを自社以外で使えないようにかけているロックのことです。SIMロック解除はそれぞれの携帯会社のホームページに手順が書いてありますので、そちらをご参照下さい。

新規で買う場合

楽天モバイルでは多数のスマホ本体を取り扱っており、乗り換えの際に新規で購入する事が可能です。HUAWEI、ASUS、ZTE、FUJITSU、SHARP、などなど。iPhoneの取り扱いもあります。もちろんApple Storeで購入したiPhoneも使えますよ。

またスーパーホーダイプランの場合は上述のように「長期優待ボーナス」というサービスがあり、楽天モバイルを2年間契約すれば、端末価格から10000円、3年間契約すれば20000円の割引になります。また端末価格が割引額よりも安い場合は、差額をスマホの利用料の支払いにつかえるポイントとしてもれえます。もしそれよりも前に契約解除することになると、違約金が発生しますので注意が必要です。

3.オプションを選ぶ

楽天モバイル オプション

楽天モバイルには色々なオプションがありますが、やはり必要になる可能性が高いのは電話かけ放題のプランでしょう。

電話に関するオプション

「楽天でんわ かけ放題」は月額2380円で無料の通話アプリ「楽天でんわ」からの国内電話が何分でも、何回でもかけられるようになるオプションです。また「楽天でんわ5分かけ放題」は月額850円で無料の通話アプリ「楽天でんわ」からの5分以内の国内電話が、何回でもかけられるようになるプランです。通話が多い方はいずれかのプランに入っておくといいかもしれません。

「楽天でんわ かけ放題」は月額2380円ですが、楽天でんわからの通話であれば、119分話した場合と同額になります。なので月に120分以上かける場合は、「楽天でんわ かけ放題」を利用した方がお得になります。

「楽天でんわ5分かけ放題」は月額850円で、これは楽天でんわから42.5分場合と同額になります。ちなみに1回の通話で5分以上の場合は30秒10円になりますので、月に合計42.5分以上(5分以上の通話の場合は5分を加算)電話をかける場合は入っておくとお得になりますよ。

「留守番電話サービス」は月額300円で利用可能です。また「スマート留守電」というはサービスもあって、これはソースネクストの同名アプリを利用して、音声を文字に変換し、伝言メッセージを読んで聞ける留守番サービスで月額290円で利用できます。

端末本体に関するオプション

「端末補償」は楽天モバイルで購入した端末の破損や故障などのトラブルが発生したときに、対象商品の交換や修理サポートが受けられるサービスで、月額500円になります。スマホ代も馬鹿になりませんから、スマホをよく落としたりする人は入っておくと意外にお得に鳴るかもしれません。楽天モバイルで端末を購入していない場合も、「つながる端末保証」(月額500円)に加入しておけば、楽天モバイルのSIMカードを利用し通話・通信を行っている端末が自然故障、破損・全損、水没した際に、無償修理または低価格にて有償交換してくれます。

「安心リモートサポート」(月額500円)はテクニカル分野に精通したプロのアドバイザーが、スマホだけでなくネットワーク機器を使用していてわからないことに答えてもらえるサービスです。

 

他にもデータ復旧サービスや、Wifiスポットが利用出来るオプションもあります。詳細は楽天モバイルのWebページをご覧下さい。

4.支払いについて

楽天モバイル 月額料金

料金体系

楽天モバイルの月々の料金体系はシンプルで、プランで選択した月額基本料+通話料+オプションの料金となっています。端末を同時に購入した場合は、月額の料金に上乗せとなります。この場合、申込時に1回目を支払うことになります。

支払い方法

月々の支払いは、クレジットカード・デビットカード、口座振替が可能です。楽天カードで支払いすると、お支払いでご利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

クレジットカードは、月々の利用料、スマホ本体代の一括・分割払いに使えます。デビットカードは月々の利用料、スマホ本体代の一括払いには使えますが、スマホ本体代の分割払いには使えません。手数料は無料です。楽天カードをお持ちの方は、支払いを楽天カードにすると、楽天スーパーポイントが100円の支払いにつき1ポイント貯まり、また支払いにポイントを利用する事も可能ですよ。ただスマホ本体代の分割にはつかえません。

口座振替は、月々の利用の支払いには使えますが、スマホ本体代の支払いには使えません。また手数料として毎月100円かかってしまいます。もし月々の支払いを口座振替にして、スマホ本体代を支払う場合には代金引換が可能です。この場合代引き手数料がかかります。9,675円までの場合300円、29,567円までの場合400円、99,351円までの場合600円、298,920円までの場合1,000円となります。



以上!

おしまい

これで今スグにでも楽天モバイルに乗り換え出来ます。楽天カードを持っているなら、楽天カードで支払うとお得ですよ!

BIGLOBEモバイルに加入するまでの流れはコチラ!

BIGLOBE MOBILE 流れ

BIGLOBEモバイルに入りたいけど、まだいまいちよくわからない、という方の為に加入までの流れを解説します。自分にあったプランにする為に、事前によく調べておくことが必要です!

まず、BIGLOBEモバイルが自分に合っているかチェック!

BIGLOBE MOBILE 流れ

「キャリアメールはいらない」というのはつまり〜@docomo.ne.jpや〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jpといったメールアドレスのことです。BIGLOBEモバイルではキャリアメールの付与はありません。PCメールのメアドは無料のオプションで貰えます。

「ID検索ができなくてもいい」というのはLINEのID検索のことです。BIGLOBEモバイルでは年齢確認ができない為にID検索ができないようになっています。友達を「招待」したり、「QRコード」や「ふるふる」によって友達を追加することはできます。

「通話をあまりしない」というのはBIGLOBEモバイルには電話がかけ放題になるサービスがありません。なので、一ヵ月に何時間も電話する、という方はdocomo、au、SoftBankよりも利用料が高くなる可能性があります。60分までであれば、月650円(不課税)で話し放題になるオプションはあります。また3分以内の国内電話であればかけ放題になるオプションも月650円(不課税)で選択可能です。もちろん無料のLINE電話も使えますよ!

「ネットに速度は求めない」というのは、BIGLOBEモバイルにすると、docomo、au、SoftBankよりもネットの速度が多少遅くなる可能性がある、ということです。これは場所や時間帯にもよるので一概には言えません。ただLINEやメールをするのには十分な速度なので、心配ありません。ただ重いWebページとなると、ちょっと読み込むのに時間がかかったりすることもあり得ます。これらはBIGLOBEの企業努力で向上していく可能性が高いのであまり気にしなくても大丈夫かと思います。

↓こちらの記事もご覧下さい。

BIGLOBEモバイルに申し込む前に注意すべき5点

今のスマホを使うか、新しく購入するか

BIGLOBE MOBILE 流れ

今のスマホを使いたい場合は、docomoかauかSoftBankかで流れが変わります。docomoの場合はそのまま使用しているスマホが使えます。au、SoftBankの方は、スマホにかかっているロック(SIMロック)を解除しなければ使えません。SIMロックを解除する条件は、2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能対応のスマホであること、かつ購入して101日目以降(購入日が1日目)であること、です。2017年12月以降は、一括購入の場合に限り、即日SIMロック解除が可能になります。au、SoftBankのWebページでSIMロック解除が可能な機種かどうかがチェックできますのでそちらもご覧下さい。

BIGLOBEモバイルでスマホを購入する事もできます。ASUS、Motorola、富士通、Huawei、シャープ、Vaio、TCLコミュニケーション等のスマホが購入可能です。iPhoneもありますよ!「アシストパック」によって24回の分割購入が可能です。

高速通信使用量のプランを選ぶ

BIGLOBE MOBILE 流れ

音声通話も必要ならば、データSIMやSMS機能付きデータSIMではなく、音声通話SIMを選びましょう。次に回線をdocomo(タイプD)にするかau(タイプA)にするか選びます。これによって速度、エリアが変わってきます。ただ、理論値でいうと速度はほぼかわりませんし、エリアもどちらを選んでも不便なことはないと思います。docomoのスマホをそのまま使う場合はdocomoにしましょう。au回線を使えるスマホは限られています。BIGLOBEのWebページで確認出来ますので、チェックしてみて下さい。

次に高速通信の利用量を選びます。これによって基本的な値段が決まります。

  • 1GB/1,400円
  • 3GB/1,600円
  • 6GB/2,150円
  • 12GB/3,400円
  • 20GB/5,200円
  • 30GB/7,450円

これはあくまでも高速通信の容量です。例えば3GBのプランなら、月3GB分、高速通信が使える、というわけです。それ以上使うと、通信速度が制限され、遅くなります(送受信最大200kbps)。なのでプランの上限を超えると、インターネットが全く使えなくなる、というわけではありません。ただWebページを読み込む際は、ストレスを感じる事が多くなる可能性があります。文字だけのメールやLINEなら問題ありませんが、写真等の添付があると、時間がかかるようになります。Gmail等でメールを送ろうとすると、タイムアウトになる可能性があります。

この容量はあくまでも外出先などでインターネット通信(モバイル通信)をする場合の容量です。家でフレッツ光などのインターネット回線を契約していて、在宅時はWifi(無線)でインターネット通信をすれば、その分はカウントされません。

普段外出先でWebページの閲覧、メール、LINEをするぐらい、であれば、3GB、6GBあたりで問題ないでしょう。動画もたまに見る、という場合は12GBくらいがいいかもしれません。仕事で頻繁に資料を送受信する、という場合はそれ以上あると安心です。

ただこのプラン変更はわざわざ店舗に行かなくとも、BIGLOBEモバイルのマイページで簡単にできますので、とりあえず少なめで足りなくなったら容量アップ、という作戦がオススメです。

また容量を使い切った後にどうしても高速通信が必要になった場合は、「ボリュームチャージ」というシステムがあり、100MBあたり300円で使用可能に鳴ります。

また逆にプランの容量を使い切らなかった分は、翌月に繰り越せます。

必要ならばオプションを選択

BIGLOBE MOBILE 流れ

「BIGLOBEでんわ 通話パック60」月額650円(不課税)/電話をよくかける方にオススメ。1,200円分の通話(最大60分)が月額650円で利用可能。

「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」月額650円(不課税)/3分以内の電話をよくかける方にオススメ。月額650円で3分以内の通話が何度でも可能。

「スマート留守電」月額290円(税別)/メッセージが読める!聞ける!新しい留守番電話サービス。

「割込通話」月額200円(税別)/通話中の電話を保留にして、新たにかかってきた電話を受けることができます。※通話保留中に発信者に通話料がかかります。

「セキュリティセット・プレミアム」月額380円(税別)(初月+3カ月無料)/累計60万人突破!ウイルスや不正アプリからこれ1つで守る!※iOSはパスワード管理機能のみ対応

「エンタメフリー・オプション」音声通話SIMの場合月額480円(税別)、データSIMの場合月額980円(税別)/YouTube、Google Play Music、Apple Musicなど対象サービスで視聴する動画や音楽を定額で通信量制限なくお楽しみいただけます。

他にも色々ありますが、有料オプションで入る可能性があるのはこの辺になるかと思います。

以上!

おしまい

ここまで決まればもうすぐにお申し込みが可能です。今の電話番号と同じ番号を継続して使う場合はMNP(マイナンバーポータビリティー)を利用する必要がありますので、今使っている携帯電話会社でMNP予約番号を事前に取得する必要があります。ちなみに支払い方法は、音声通話の場合はクレジットカードも口座振替も可能です。

 

BIGLOBEモバイルは即日乗り換え可能!ビック、ヨドバシで可能!

BIGLOBE MOBILE 店舗

格安SIM業者は店舗を持たないところが多く、それによって申込方法をネットに限定することで人件費を削減し、より安い価格設定ができています。ただBIGLOBEモバイルEは家電量販での取り扱いもあり、こちらで即日乗り換えることも可能です。またパッケージをネットや店舗で買うとお得になります。その方法を紹介します!

BIGLOBEモバイルへは家電量販店等の窓口で乗り換え可能!

BIGLOBE MOBILE 窓口

BIGLOBEモバイルへの乗り換えはBIGLOBEのホームページから簡単にできますが、店舗窓口でも可能です。店舗窓口で申し込むと、すぐにSIMカードを発行してもらえ、即日の利用が可能です!店舗窓口があるのは東京だと下記になります。(2017年11月現在)

 

  • ヨドバシカメラ マルチメディアakiba
  • iPhone修理 あいさぽ ルミネ有楽町店
  • ビックカメラ 有楽町店
  • カメラのキタムラ 東京/日本橋店
  • iPhone修理 あいさぽ 新宿本店
  • ビックカメラ 新宿西口店
  • ヨドバシカメラ 新宿西口本店
  • ビックロ ビックカメラ 新宿東口店
  • iPhone修理工房 白山駅店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町
  • カメラのキタムラ 東京/ウイングキッチン京急蒲田店
  • カメラのキタムラ 東京/玉川高島屋店
  • カメラのキタムラ 東京/渋谷店
  • iPhone修理工房 渋谷モディ店
  • ビックカメラ 渋谷東口店
  • iPhone修理工房 中野ブロードウェイ店
  • iPhone修理工房 荻窪タウンセブン店
  • iPhone修理工房 池袋P‘パルコ店
  • カメラのキタムラ 東京/セブンタウン小豆沢店
  • iPhone修理工房 吉祥寺パルコ店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺
  • iPhone修理工房 調布パルコ店
  • ビックカメラ 京王調布店
  • ヨドバシカメラ マルチメディア町田
  • iPhone修理工房 ココリア多摩センター店
  • カメラのキタムラ 東京/羽村店

またそれぞれのお店で「最大12000円キャッシュバックキャンペーン」など独自のキャンペーンをやっているので、店舗窓口で入るとおトクになる可能性もあります。BIGLOBEのホームページで最新情報をチェックしてみて下さい。

ただし、注意しなければならないのは、店舗ではdocomo回線のタイプDのみになります。また、SIMカードはnanoSIMカード(8.8mm × 12.3mm)、microSIMカード(12.0mm × 15.0mm)のみになります。au回線のタイプA、標準SIMカード(15.0mm×25mm)を選ぶ場合はBIGLOBEのWebサイトから申し込む必要があります。

店舗でできることを事前にチェック!

BIGLOBE MOBILE 店舗 できること

店舗窓口では以下の事ができます。

  • 新しい電話番号の発行/新しい電話番号での新規の申込み
  • MNP(他社からのお乗り換え)/MNPを利用して新規申込み
  • お乗り換えや、お申し込みのご相談/自分に合ったプランなど何でも相談できます
  • 店舗限定特典の進呈/店舗独自のキャンペーンがあります。

また、以下の事はできないので注意が必要です。これらはWebから行う必要があります。

  • スマホのお申し込み/申し込めるのはSIMカードだけです
  • データSIMのお申し込み/申し込めるのは音声通話SIMだけです
  • ご利用中のお客さま向けの各種お手続き(プラン変更、各種設定、解約など)/Webから簡単にできます
  • シェアSIMのお申し込み/こちらもWebからできます

基本的に新規申込しかできない、と考えておいた方がいいです。わからないことは窓口の店員さんに聞けるので安心ですね。

パッケージをネットや店舗で購入するとお得!

BIGLOBE MOBILE 手数料 無料

パッケージを購入し自分で申し込む事もできます。パッケージはamazonや上記の店舗で取り扱いがあります。「BIGLOBEモバイル エントリーパッケージ 音声/データ共用」という商品になりますが、こちらから申し込むとなんと通常Webや店舗から契約するとかかるプラン申込手数料 3,000円(税別)が無料になります!

こちらにはSIMカードは入っていません。ご利用のお申し込み完了後、送られて来ます。なので即日利用はできません(お届け日数は2日〜1週間程度)。利用申込時にSIM種別(音声通話SIM、SMS機能付きデータSIM、データSIM)やSIMカードサイズを選ぶ事ができます。docomo回線のタイプAのみになりますが、MNPには対応しています。

利用申込はBIGLOBEのWebサイトにある「BIGLOBEモバイルエントリーパッケージご利用のお申し込み」ボタンから行います。まちがって通常の申込ボタンから申し込まないように気をつけて下さい。パッケージに記載された登録番号と認証キーを入力します。

以上!

おしまい

BIGLOBEモバイルのWebサイト以外からの申込方法を紹介しました。申込手数料が3,000円(税別)が無料になるパッケージからの申込は意外と知らない人が多いので要チェックです!

BIGLOBEモバイルに申し込む前に注意すべき5点

BIGLOBEモバイルに入る前にここに気をつけるっ!

BIGLOBEモバイルは電話もネットもアプリも使えるのに安い!よしBIGLOBEモバイルに入ろう!でも入ってから後悔しないように、もう一度デメリットを確認をしておきましょう。

【注意1】キャリアメールが使えなくなる

〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jpが使えなくなる!!

docomo、au、SoftBankを使っていると〜docomo@ne.jp、〜ezweb@ne.jp、〜@softbank.ne.jpといった所謂キャリアメールが貰えますね。これはBIGLOBEモバイルに乗り換えると使えなくなってしまいます。MNP(マイナンバーポータビリティー)によって電話番号はdocomo、au、SoftBankで使っていた者と同じものがつかえますが、キャリアメールは引き継げないのです。

もちろんBIGLOBEモバイルでも無料のオプションによってメールアドレスは貰えます。〜@※※※.biglobe.ne.jpというものです。しかしこれはPCメール扱いになります。PCメールはdocomo、au、SoftBankのスマホにはじかれやすいです。迷惑メール対策でPCからのメールに対してフィルターがかかっているからです。中にはdocomo、au、SoftBankのスマホから送られたメールしか受信できないように設定している方もいます。

なので〜@※※※.biglobe.ne.jpから〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jp宛に送る場合は事前に〜@※※※.biglobe.ne.jpのメアドを教えておいて、受信出来るように設定してもらわなければなりません。

これは格安SIMを使う上で知っておくべきことです。中にはキャリアメール扱いになるメアドが貰える所もありますが、まだ少数です。格安SIM利用者の今の主流はGmailなどのwebメールを使う事です。これもPCメールと同様、docomo、au、SoftBankのスマホにははじかれやすいです。ですがスマホだけでなくPCでも確認できますし、簡単に使えるので結構便利なんですね。

どうしてもキャリアメールが必要!という方は限られるかもしれませんが、これは入る前に知っておいて下さい。

【注意2】LINEのID検索ができなくなる

BIGLOBE MOBILE LINE ID検索

スマホを使っている方なら当たり前のアプリになりつつあるLINEですが、もちろんBIGLOBEモバイルのスマホでも同じように使えます。ただし、場合によってはID検索ができなくなります。

ID検索できる条件

まず、ID検索ができる場合を説明します。以下のすべてにあてはまる場合は乗り換えた後もID検索できます。

  • docomo、au、SoftBankを使っていた時に年齢確認を済ませている
  • MNPで楽天モバイルに乗り換えた(年齢確認をしたときの電話番号と同じものを使っている)
  • LINEをアンインストールせずにそのまま使用している

あくまでもすべて、なので、例えば機種を新しくして、LINEを再インストールすると新たに年齢確認をしなくてはならないのでID検索は使えなくなります。

実はこの機能は青少年保護の観点から18歳未満の方は使えないようになっているのですが、格安SIMでは年齢認証ができないのです。なのでBIGLOBEモバイルを使っている間は年齢認証ができないのです。

ID検索ができない場合の対処

ID検索ができない場合、IDを自分で検索して友達を追加、ということができません。友達を追加するには他の方法でする必要があります。

  • 友達を招待する

友達のメアドか電話番号が分かっている場合、「友達を追加」から「招待」し、友達が送られて来たURLを開くことで友達に追加できます。

  • QRコード・ふるふるで登録する

相手がその場にいる場合は、自分のQRを読み込んでもらうか(相手のQRコードを読むこむか)、ふるふるで追加します。

以上になります。なので友達と一緒にいるときに済ませてしまうか、電話番号かメアドを聞いておく必要があります。

※LINEが出している格安SIM「LINEモバイル」ではID検索ができます。

【注意3】電話をたくさんかける場合は割高になることもある

BIGLOBEモバイルにはかけホーダイプランがない!

BIGLOBEモバイルの料金体系は基本的には「月に使用可能な高速通信の容量」+「通話料・SMS送信料」となります(ユニバーサル料も数円かかります)。

通話料は30秒20円(税別)ですが、利用者専用アプリ「BIGLOBEでんわ」からかければ3010(不課税)になります。なので通話料として大手キャリアよりも安くなる可能性が高いです。

またたくさん電話をかける場合は、BIGLOBEでんわで1200円分の国内通話(最大60分)が可能な「通話パック60」、BIGLOBEでんわで3分以内の国内通話が何度でも可能になる「3分かけ放題」というオプションがそれぞれ月650(不課税)で利用可能です。

なのですが、「通話パック60」に入ったとしてもそれ以上に電話をかけるとどんどん通話料が加算されて行きますので、月に何時間も電話をかける場合はどんどん料金が上がって行きます。

大手キャリアには月の通話料が無料になるパックもありますので、そちらを利用した方がお得になる場合があります。自分がどれくらい通話するか一度計算してみることをお勧めします。

【注意4】通信がやや遅くなる可能性がある

BIGLOBE MOBILE 通信速度

これは大手キャリアにも言えることですが、周囲で同じキャリアの人が同時にインターネットを利用すると、通信速度が遅くなります。1日のうち、昼休みの12〜13時、帰宅時間の17〜19時は通信速度が遅くなりがちです。

ただこれは地域にもよりますので一概には言えず、快適に利用出来ている方もいるようです。

また、時と場合によっては大手キャリアよりも格安SIMの方が速くなる場合もあるようです。なのでこれは使ってみないとわからない、というのが実際のところです。

またエンタメフリーでは別回線を使っているので、快適に視聴が可能ですよ。

【注意5】スマホによってデザリングができなくなる場合がある

BIGLOBE MOBILE デザリング

デザリングとは、スマホを使って近くにあるPCやタブレットをインターネットに接続する機能です。大手キャリアでは有料のこの機能がBIGLOBEモバイルでは無料でできるのですが、お使いのスマホによってはできない場合があります。

ご自身のスマホがデザリングできる機種かどうかはBIGLOBEのホームページで検索可能ですので、必要な方は事前にそちらで調べることをオススメします。

以上!

おしまい

BIGLOBEモバイルに入る前に知っておくべきデメリットを挙げてみました。ただこれ以上に利用料が安くなるのは魅力ですよね。自分の利用スタイルを考えて乗り換えて下さいね!