+メッセージとは?ドコモauソフトバンクで使える?

+メッセージってどんな機能?を調べてみた。

2018年5月より、ドコモ、au、ソフトバンク3社による共同プロジェクト、「+メッセージ(プラスメッセージ)」がスタートしました!詳しく知らない方も、そもそも初めて知った方も一緒に勉強していきましょう!

+メッセージ(プラスメッセージ)とは?

「+メッセージ(プラスメッセージ)」とは、簡単に言うと、SMS(ショートメッセージサービス)の進化版です。SMSはメールアドレスの代わりに電話番号を使って相手にメッセージを送ることのできるサービスです。

画像やスタンプも送れる!

「+メッセージ」を使うと、文字の他に、写真や動画、音声メッセージ、スタンプ、地図の情報も送受信することができるようになります。しかも今まで通り、ドコモ、au、ソフトバンクの3社間のユーザー間でやり取りができるのです。

グループででやりとりできる!

今までは、一対一のやりとりしかできませんでしたが、「+メッセージ」ではLINEのように複数人で同時にメッセージのやりとりができます!最大100人と可能です。

電話番号だけでいいから簡単!

LINEですと、QRコードやらID検索やらで友達に追加しないとやりとりができません。しかし、「+メッセージ」だと電話番号がわかれば送受信が可能なので、新たにIDを聞いたりしなくても済みます。「電話番号は知ってるけどLINE ID知らないな」っていう方結構いますよね?そういう相手ともすぐにやりとりができるのが魅力です!

既読・未読を選べる!

LINEはメッセージを読むと強制的に相手に既読と表示されてしまいますが、「+メッセージ」は通知機能のオンオフを選択可能です。通知機能をオフにしておけば、メッセージを読んでも相手に既読と表示されません。

従来のSMSとしても利用可能!

「+メッセージ」で相手に文字以外のやりとりをする為には、相手も「+メッセージ」を利用している必要があります。しかし万が一相手が「+メッセージ」を利用していない場合は、今まで通り文字を送る事が可能です。

まぁ簡単に言うとLINEに対抗して3社でスタートさせたサービス、みたいな感じです。

どうやって使うの?

5月9日から、androidで使用可能になりましたが、iOS向けはApp Storeの審査が完了次第、公開される予定です。

ドコモの場合

専用アプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードはコチラ(ドコモのページに飛びます)から可能です。

auの場合

auも専用アプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードはコチラ(auのページに飛びます)から可能です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクはトラブルがあったみたいで5月22日現在、「+メッセージ」と「SoftBankメール」のアプリの公開を中止しています。既にアプリをダウンロードしている方は使えるみたいです。

まぁそのうち使えるようになるでしょう。

ソフトバンク、メール消失トラブルで「+メッセージ」アプリを一時配信停止 (2018年5月11日/ケータイwatchの記事)

パケット通信料で送れるように!

今までSMSを送る場合は、文字数に応じて料金が発生しましたが、「+メッセージ」では、パケット通信料で通信可能になりました。なので、パケット定額にしている方は、別途料金が発生する事はありません。重い画像を送っても、パケット通信で送れるのはありがたいですね!

ただし、「+メッセージ」からSMSに送る場合は従来通り料金が発生します。

ここに注意!

MVNOでは使えない

「+メッセージ」はドコモ、au、ソフトバンクユーザー間で使えるサービスです。なので、BIGLOBEモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONEなどの格安スマホでは使えません。

通話機能はない

SMSサービスの延長ですから、通話はできません。ただ音声データは送る事ができます。

以上!

おしまい

ドコモ、au、ソフトバンクの新サービス「+メッセージ」について学びました。LINEと競合するというよりは、時と場合に応じて両方使う、ということでいいんじゃあないでしょうか?いずれにせよ、画像が送れるのはベンリですよね!