docomo

ドコモのベーシックパックと格安スマホどちらが安いか比較!

5月25日より受付が開始したドコモの新プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」。3GBまでなら4000円、5GBまでなら5000円、と高速モバイル通信を使った分だけ料金を払う仕組みになっています。auにはピタットプランがありますが、あれみたいなもんですね。果たしてこのプランと格安スマホと比較した際、どちらがどのくらい安いのか、比較してみましょう!

ベーシックパックについて知りたい方は、コチラの記事もチェック!
●ドコモ新プラン!ベーシックパック登場!使わない月はお得に

ベーシックパックってどんなプラン?

ベーシックパック料金体系

ベーシックパックはドコモの新しいパケットパックです。●GBで月額●円といった定額制のプランではなく、使った月は高く、あまり使わなかった月は安くなる従量制のプランです。

あくまでもパケットパックなので、月額料金は、基本プラン(通話プラン)の料金がプラスされます。通話プランは、無料通話分のないものから、国内通話が24時間無料になるものまで、980円から2,700円まであります。

では、パケットパックは安いのかどうか、格安スマホの料金と比較してみます!

ベーシックパックvsBIGLOBEモバイル

docomoとBIGLOBEモバイル比較

ベーシックパックvs楽天モバイル

docomoと楽天モバイル比較

ベーシックパックvsOCN モバイル ONE

docomoとOCNモバイルONE比較

やっぱり格安スマホの方が断然安い!

案の定、格安スマホの方がやすいですね!どこもだいたい半額以下のなります。スマホ代を節約したい方は格安スマホがオススメです!

コチラの記事もチェック!
スマホをあまり使わないならdocomo/au/Softbankは損!
ドコモ/au/ソフトバンク/格安スマホ/結局一番は?

以上!

おしまい

ドコモは5月24日よりシェアパック5・10・15、データパックS・Mの新規受付を終了し、ベーシックパック・ベーシックシェアパックのみの受付になります。つまり低価格帯の定額パケットパックはベーシックパック・ベーシックシェアパックのみになるということです。これらのプランからベーシックパック・ベーシックシェアパックにプラン変更すると、もう戻れなくなってしまいます。もちろんプラン変更しない限りはシェアパック5・10・15、データパックS・Mを継続して使えますので、プラン変更は慎重に!

+メッセージとは?ドコモauソフトバンクで使える?

+メッセージってどんな機能?を調べてみた。

2018年5月より、ドコモ、au、ソフトバンク3社による共同プロジェクト、「+メッセージ(プラスメッセージ)」がスタートしました!詳しく知らない方も、そもそも初めて知った方も一緒に勉強していきましょう!

+メッセージ(プラスメッセージ)とは?

「+メッセージ(プラスメッセージ)」とは、簡単に言うと、SMS(ショートメッセージサービス)の進化版です。SMSはメールアドレスの代わりに電話番号を使って相手にメッセージを送ることのできるサービスです。

画像やスタンプも送れる!

「+メッセージ」を使うと、文字の他に、写真や動画、音声メッセージ、スタンプ、地図の情報も送受信することができるようになります。しかも今まで通り、ドコモ、au、ソフトバンクの3社間のユーザー間でやり取りができるのです。

グループででやりとりできる!

今までは、一対一のやりとりしかできませんでしたが、「+メッセージ」ではLINEのように複数人で同時にメッセージのやりとりができます!最大100人と可能です。

電話番号だけでいいから簡単!

LINEですと、QRコードやらID検索やらで友達に追加しないとやりとりができません。しかし、「+メッセージ」だと電話番号がわかれば送受信が可能なので、新たにIDを聞いたりしなくても済みます。「電話番号は知ってるけどLINE ID知らないな」っていう方結構いますよね?そういう相手ともすぐにやりとりができるのが魅力です!

既読・未読を選べる!

LINEはメッセージを読むと強制的に相手に既読と表示されてしまいますが、「+メッセージ」は通知機能のオンオフを選択可能です。通知機能をオフにしておけば、メッセージを読んでも相手に既読と表示されません。

従来のSMSとしても利用可能!

「+メッセージ」で相手に文字以外のやりとりをする為には、相手も「+メッセージ」を利用している必要があります。しかし万が一相手が「+メッセージ」を利用していない場合は、今まで通り文字を送る事が可能です。

まぁ簡単に言うとLINEに対抗して3社でスタートさせたサービス、みたいな感じです。

どうやって使うの?

5月9日から、androidで使用可能になりましたが、iOS向けはApp Storeの審査が完了次第、公開される予定です。

ドコモの場合

専用アプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードはコチラ(ドコモのページに飛びます)から可能です。

auの場合

auも専用アプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードはコチラ(auのページに飛びます)から可能です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクはトラブルがあったみたいで5月22日現在、「+メッセージ」と「SoftBankメール」のアプリの公開を中止しています。既にアプリをダウンロードしている方は使えるみたいです。

まぁそのうち使えるようになるでしょう。

ソフトバンク、メール消失トラブルで「+メッセージ」アプリを一時配信停止 (2018年5月11日/ケータイwatchの記事)

パケット通信料で送れるように!

今までSMSを送る場合は、文字数に応じて料金が発生しましたが、「+メッセージ」では、パケット通信料で通信可能になりました。なので、パケット定額にしている方は、別途料金が発生する事はありません。重い画像を送っても、パケット通信で送れるのはありがたいですね!

ただし、「+メッセージ」からSMSに送る場合は従来通り料金が発生します。

ここに注意!

MVNOでは使えない

「+メッセージ」はドコモ、au、ソフトバンクユーザー間で使えるサービスです。なので、BIGLOBEモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONEなどの格安スマホでは使えません。

通話機能はない

SMSサービスの延長ですから、通話はできません。ただ音声データは送る事ができます。

以上!

おしまい

ドコモ、au、ソフトバンクの新サービス「+メッセージ」について学びました。LINEと競合するというよりは、時と場合に応じて両方使う、ということでいいんじゃあないでしょうか?いずれにせよ、画像が送れるのはベンリですよね!

5月24まで!ドコモ低価格パケットパック新規申込が終了!

ドコモ新プラン開始に伴い、5月24日で現プランの一部が新規受付終了!

ドコモの新しいパケットプラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」が5月25日よりスタート!それに伴い、5月24日で旧パケットパックの一部が新規申込を終了!

5月24日に一部パケットパック新規申込終了!

5月24日で終了するのは、ひとり用のプラン「データパックS・M」と家族でシェアするプラン「シェアパック5・10・15」です。5月25日より新プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」がスタートしますので、これからはこの二つのプランに移行する形になります。

契約中であれば継続してずっと使える?

答えはYES!終了するのはあくまでも新規申込ですので、プランを変更しない限りは継続して「データパックS・M」「シェアパック5・10・15」を利用可能です。

もちろん、ひとり用の大容量プラン「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」や、シェアパックの「ウルトラシェアパック30(30GB)」「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」はこれからも申込可能ですし、利用も可能です!

ベーシックパックとどっちがお得?

では新しい「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」にプラン変更した方が得なのか、損なのかをみていきたいと思います!

ベーシックパックは使った分だけ料金を払う料金プランです。使った容量と料金が階段状に上がっていくしくみになっています。なので使わない月は安く済ますことができるプランです。

ドコモ新プラン!ベーシックパック登場!使わない月はお得に

ベーシックパック料金体系

データMパック(5GB)を利用していた方

データMパック(5GB)は割引なしで月額定額料5,000円でした。ベーシックパックは5GBまでの利用の場合、5,000円です。なので使わない月がある場合は安く済ます事ができるので、年間で計算した場合に安くなる可能性があります。

たとえばある月に3GBまでしか使わなかった場合、その月は1,000円安い、4,000円になります。

なので、ベーシックパックをおすすめします!

データSパック(2GB)を利用していた方

データSパック(2GB)は割引なしで月額定額料3,500円でした。一方ベーシックパックは1GBまでが2,900円、3GBまでが4,000円になります。

なので、だいたい1GB以下で済んでいる方は、お得になりますが、1GB以上使っていた方は、4,000円と割高になってしまいます。

つまり1GB以下の方はベーシックパックにするとお得に、1GB以上の方はベーシックパックにすると損になります!

次にベーシックシェアパックを見て行きます。

ベーシックシェアパック料金体系

シェアパック5(5GB)を利用していた方

シェアパック5(5GB)は割引なしで月額定額料6,500円でした。一方ベーシックシェアパックは5GBまでは同額の6,500円です。

ですのでどちらでも構いません!

シェアパック10(10GB)を利用していた方

シェアパック10(10GB)は割引なしで月額定額料9,500円でした。一方ベーシックシェアパックは10GBまでは月額9,000円です。

500円安くなりますので、ベーシックシェアパックにすることをおすすめします!

シェアパック15(15GB)を利用していた方

シェアパック15(15GB)は割引なしで月額定額料12,500円でした。一方ベーシックシェアパックは15GBまでは月額12,000円です。

この場合も500円安くなりますので、ベーシックシェアパックにすることをおすすめします!

ベーシックパックのメリットデメリット!

ベーシックパック、シェアパックのメリット

今までの定額パックは、容量の上限が決まっていた為に、足りなくなる場合がありましたが、「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」の場合はその心配がないないのがいいところです。

ベーシックパック、シェアパックのデメリット

今までの定額パックのように、料金が定額ではなく、使った分だけ料金が上がってしまうので気付いたら高額になっていた!なんて可能性もでてきてしまいます。

しかし、ベーシックパックには、料金が上がる前後にメールでお知らせしてくれる機能がありますので、使い過ぎを防ぐ事ができます。

いずれにせよ、どのくらいモバイル通信をしているか、アプリ等でこまめに確認する事をおすすめします。

以上!

おしまい

5月25日を過ぎると、もう「データパックS・M」「シェアパック5・10・15」に入り直す事はできなくなります。なのでどちらが自分にあっているか、慎重に考えましょう!

ドコモ新プラン!ベーシックパック登場!使わない月はお得に

ドコモの新プラン!「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を簡潔に解説!

今までドコモでは定額のパケットパックしかありませんでしたが、この度とうとう使った分だけ支払う従量制プランが登場しました!auにはピタットプランがありましたが、これでドコモユーザーも幅広いプラン選択が可能になります!そんな新プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を調べてみましたので簡潔にまとめてみたいと思います!

ひとりで使う場合は「ベーシックパック」

ベーシックパック料金体系

ひとりで使う場合は、「ベーシックパック」を利用することになります。

  • 月に1GBまで使用した場合/月額2,900円
  • 月に3GBまで使用した場合/月額4,000円
  • 月に5GBまで使用した場合/月額5,000円
  • 月に20GBまで使用した場合/月額7,000円

家族で分け合う場合は「ベーシックシェアパック」

ベーシックシェアパック料金体系

家族内の複数人で容量をわけあう場合は「ベーシックシェアパック」を利用します。分け合う人はシェアオプションとして月額500円を支払います。

  • 月に合計5GBまで使用した場合/月額6,500円
  • 月に合計10GBまで使用した場合/月額9,000円
  • 月に合計15GBまで使用した場合/月額12,000円
  • 月に合計30GBまで使用した場合/月額15,000円

たとえば、家族3人でベーシックシェアパックを利用して、ある月に家族合計で9GB使用した場合、

ベーシックシェアパック代9,000円+シェアオプション2名分1,000円=10,000円となります。

docomo with、ずっとドコモ割プラスが適用可能!

「docomo with」は同じスマホをずっと使っているとお得になるサービスです。
docomoで「docomo with」対象のスマホを購入し利用している間、スマホ代が毎月1,500円割引になります。docomo with対象外の機種に変更してしまうと割引はなくなってしまいますが、docomo with対象の機種への変更であれば、継続して割引が受けられます。

ずっとドコモ割は、ドコモを使っている期間が長ければ長い程割引してくれるサービスです。

料金が上がりそうな時はメールで知らせてくれる!

料金が一つ上の段階に上がりそうになったら、メールで通知してくれます。「ベーシックパック」の場合は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」の場合はステップ変動まで残り約1GBになったときにメールが送られてきます。

従来プランよりも安いといえるか?

では、今まであったパケットパックと比べて安いかどうか比べてみたいと思います。

ひとりで利用する場合

まず月に5GB以上利用することが多い方にはおすすめしません。5GB〜20GBの場合、ベーシックパックでは月額7,000円になりますが、今までのウルトラデータLパック(20GB)は月額6,000円ですから、新プランにすると損です。

5GB以下の場合の方は、ベーシックプランに入っておくとお得になる場合があります。使わない月がある場合は安く済ます事ができるので、年間で計算した場合に安くなる可能性があります。

ただし、今まで「データSパック(小容量)(2GB)」(月額3,500円)に入っていた人の場合、毎月の使用量が1GB以下であれば、ベーシックパックだと月額2,900円になるのでお得になりますが、毎月1GB以上使用している場合は、ベーシックパックだと1GB〜3GBは月額4,000円になってしまうので損になります。

家族で分け合う場合

こちらも家族で月に合計15GB以上利用する場合はおすすめしません。ベーシックシェアパックは、15GB〜30GBの場合、月額15,000円ですが、従来プランの「ウルトラシェアパック30(30GB)」は月額13,500円ですので損です。

今まで「シェアパック15(標準)(15GB)」(月額12,500円)に入っていた方は、ベーシックシェアパックに入った方がお得になる可能性が高いです。10GBの月があれば、安く済ます事ができます。

今まで「シェアパック10(小容量)(10GB)」(月額9,500円)に入っていた方も、少ない月があれば安く済ますことができるので、ベーシックシェアパックに入った方がお得になる可能性があります。

今まで「シェアパック5(小容量)(5GB)」(月額6,500円)に入っていた方は、同じ料金なのでどちらでも同じです。

以上!

おしまい

ドコモの従量制新プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を見て行きました。このプランがスタートすると、ひとり用のデータSパック、データMパックの新規申込受付が終了となり、家族用のシェアパック5/10/15の新規申込が終了となります(契約中のユーザーは引き続き利用可能)。つまり、これから大容量パック以外は、「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」がメインになる、ということです。いちど「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」に移行したら戻れないので、慎重に自分に最適なプランを選びましょう!

山手線全駅OK!docomo Wi-Fi使わないと損!

docomo Wi-Fiを今使おう!山手線全駅で使える!

何となく聞いた事あるけどよくわからない「docomo Wi-Fi」。ですが実際は簡単&ベンリなサービス!月々のパケット量を節約する為にどんどん使いましょう!

まずはdocomo Wi-Fiを簡単に説明

docomo Wi-Fiとは、ドコモが提供している、Wi-Fiのサービスです。提携している駅や、コンビニ、カフェ、レストラン、公共施設などで、Wi-Fiが使えるサービスです。

docomoユーザーはだいたい無料!

あまり知られていませんが、docomo Wi-Fiはドコモユーザーならだいたい無料で使えます!だいたい、というのは、もともと月額300円必要だったのですが、docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンというのを2012年からずっと実施しているのです。

新プランである、パケットパックもしくはシェアオプションを利用している方は対象になりますし、従来のパケット定額サービスでも対象になります。パケット定額サービスでなくても、一部料金プランでも対象になります。

■パケット定額サービス/新プラン

  • パケットパックもしくはシェアオプション

■パケット定額サービス/従来プラン

  • Xiパケ・ホーダイ ライト
  • Xiパケ・ホーダイ フラット
  • Xiらくらくパケ・ホーダイ
  • らくらくパケ・ホーダイ
  • パケ・ホーダイ フラット
  • Xiパケ・ホーダイ for iPhone
  • Xiパケ・ホーダイ for ジュニア
  • Xiパケ・ホーダイ for ビジネス

■従来料金プラン

  • Xiデータプラン フラット にねん
  • Xiデータプラン フラット
  • Xiデータプラン ライト にねん
  • Xiデータプラン ライト
  • 定額データプラン フラット(バリュープラン含む)

上記のいずれかに入っていればOK!

自分は無料?確認方法

ご利用明細を確認し、内訳金額(円)に

300円  ドコモWi-Fi利用料(SPモード)
-300円 永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi)

などと記載されていれば無料です!

山手線全駅で使える!他にも多数!

使える場所は都内にたくさんあります。JRで約150駅、東京メトロで約170駅(2018年4月現在)。ほとんどの駅で使えるんじゃないですかね?

他にも色々!

スターバックス、セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、タリーズ、ケンタッキー、プロント、などなど全国で使用可能です!

「このお店は使える?」なんて場合はdocomo公式のエリア検索ガイドから検索してください!

使い方は簡単!

docomo Wi-Fiが使える場所に行くと、スマホのWi-Fiに「0001docomo」が表示されます。この「0001docomo」に接続するだけでOK!この方法はSIM認証という方式を使った接続で、難しい設定なしでインターネット接続できるんです!

以上!

おしまい

無料に使えるなら使わない手はない!docomo Wi-Fiでした。パケットの節約にもなりますので是非試してみて下さいね!