BIGLOBEモバイルのエンタメフリーはメリットあり?お得?

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーについて解説!

BIGLOBEモバイルのオブションサービス「エンタメフリー」CMで観たけどよくわかんないからスルー、という方も多いのでは?実際どんなメリットがあるのか調べてみました!

月額480円〜で対象の動画音楽通信が無制限!YouTubeも見放題

YouTube,AppleMusic,GooglePlayMusic...の通信量上限なし!

「エンタメフリー」は音声通話SIMを利用している方は月額480円(税別)、データSIM(SMS機能付きも含む)を利用している方は月額980円(税別)で利用可能のオプションで、下記の対象サービスがデータ通信の上限なく利用できるようになります。

「Google Play Music」「Apple Music」など音楽サービスや「AbemaTV」などのインターネットテレビも対象なので音楽好きや動画好きにピッタリのサービスですね。Wi-fiのない環境でもデータ量を気にしなくてOKになります。

特に「YouTube」「radiko.jp」が対象となっているのも魅力です。「データで一番大きいのはYouTube」という方も多いのでは?気軽に動画を観たりラジオを聞いたりでき、さらにそれが上限なしなのはうれしい限りですね。

エンタメフリーを使えばこれまで「Google Play Music」や「Apple Music」を使ってみたかったけど容量の問題で我慢していた、という方も心配なく利用する事ができます。曲を購入する場合も、ストリーミングの定額利用もOK!

安いプラン+エンタメフリーでもっとお得に!

通信量3GB/月+YouTube見放題で月2080円〜!!

スマホで重いデータのやりとりをする、といった方でなければ、月の通信データの大半はネットサーフィンになると思います。特に動画は容量が大きいのでYouTubeを観ていればすぐにウン十ギガになってしまいます。そんな方にエンタメフリーはピッタリです。3GB、6GB程度のプランにしておいて、エンタメフリーに入れば、利用料金を節約する事ができます。ちなみにエンタメフリーが使えるのは3GB以上のプランです。

音声通話SIM3GBプラン+エンタメフリー/1600円+480円=2080

音声通話SIM6GBプラン+エンタメフリー/2150円+480円=2630

この値段でYouTube見放題はお得な気がします。外で1日何時間もネットサーフィンしてる!とか、ずっとLINEしてる!という方でなければ月に数十ギガになることはほとんどないと思うので充分いけると思いますよ。

ちなみにBIGLOBEモバイルは余った容量は翌月に繰り越せるのでさらに安心です。

エンタメフリーはシェアSIMでも適用OK!家族でお得に!

12GBを3人でシェア+エンタメフリー×3で月6640円!

エンタメフリーはシェアSIMを使っている場合も適用可能です。ので主契約の方はもちろん、2人目3人目でシェアしている方も利用可能です。たとえばお父さんがメインで契約していてその子供がシェアしている場合、子供だけエンタメフリーを利用すれば、子供がどれだけYouTube等を観ても、シェアしているプランの容量を圧迫する事はありません。

◆家族3人で12GBプランをシェア、子供がエンタメフリーを利用する場合
12GBプラン3400円+シェアSIM2人1800円+エンタメフリー480円=5680

もし家族全員がエンタメフリーに入っても6640円です。家族3人のスマホ代がこれくらいになるのはかなり魅力ですね。例えば、YouTube好きのお父さん、ラジオ好きのお母さん、音楽好きの子供、といった場合、エンタメフリーを使えばおトクにエンタメ生活が送れます。

「エンタメフリー」利用時、ここに注意!

容量がどのくらいになっているかこまめにチェック!!

まず「Apple Musicのビデオの再生」は対象外となります。音楽の利用だけにしておきましょう。「VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信」も対象外になります。こちらは設定した記憶がなければまぁ無視していいでしょう。またエンタメフリー対象とならない場合があるのは、「テザリングを利用した複数端末の動画・音楽の同時再生」「Amazon Musicのブラウザ上での再生」「U-NEXTのダウンロード機能」「動画、音楽等のコンテンツのアップロード」。これらの場合は注意が必要です。

通信容量の使用上はこまめにチェックした方がいいかもしれません。スマホのアプリでチェックするのではなく、BIGLOBEのアカウント内、もしくは公式アプリでチェックして下さい。

ちょっと心配なのは、「エンタメフリー機能を利用して長時間の通信を行った場合に、本機能を制限する場合がある」「ネットワーク混雑回避のために直近3日間(当日を除く)に、ご利用の通信量が合計で6GB以上の場合、通信速度を終日制限させていただく場合がある」というところですね。ただエンタメフリーは通常とは別回線を使っているので、遅くてストレス、みたいなことはあまりないと思われます。

以上!

おしまい

もしデータ通信の利用の大半が対象サービスにある場合は、下手に容量の大きいプランを選ぶのではなく、エンタメフリーを使った方が月額料金をぐっと抑えられる可能性がありますね!「上限なし」というところが大きな魅力だと思います。現在動画配信がちょっと弱いなという気がしますが、これから対象サービスが増えて行くといいですね。

 

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。