BIGLOBEモバイルに申し込む前に注意すべき5点

BIGLOBEモバイルに入る前にここに気をつけるっ!

BIGLOBEモバイルは電話もネットもアプリも使えるのに安い!よしBIGLOBEモバイルに入ろう!でも入ってから後悔しないように、もう一度デメリットを確認をしておきましょう。

【注意1】キャリアメールが使えなくなる

〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jpが使えなくなる!!

docomo、au、SoftBankを使っていると〜docomo@ne.jp、〜ezweb@ne.jp、〜@softbank.ne.jpといった所謂キャリアメールが貰えますね。これはBIGLOBEモバイルに乗り換えると使えなくなってしまいます。MNP(マイナンバーポータビリティー)によって電話番号はdocomo、au、SoftBankで使っていた者と同じものがつかえますが、キャリアメールは引き継げないのです。

もちろんBIGLOBEモバイルでも無料のオプションによってメールアドレスは貰えます。〜@※※※.biglobe.ne.jpというものです。しかしこれはPCメール扱いになります。PCメールはdocomo、au、SoftBankのスマホにはじかれやすいです。迷惑メール対策でPCからのメールに対してフィルターがかかっているからです。中にはdocomo、au、SoftBankのスマホから送られたメールしか受信できないように設定している方もいます。

なので〜@※※※.biglobe.ne.jpから〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jp宛に送る場合は事前に〜@※※※.biglobe.ne.jpのメアドを教えておいて、受信出来るように設定してもらわなければなりません。

これは格安SIMを使う上で知っておくべきことです。中にはキャリアメール扱いになるメアドが貰える所もありますが、まだ少数です。格安SIM利用者の今の主流はGmailなどのwebメールを使う事です。これもPCメールと同様、docomo、au、SoftBankのスマホにははじかれやすいです。ですがスマホだけでなくPCでも確認できますし、簡単に使えるので結構便利なんですね。

どうしてもキャリアメールが必要!という方は限られるかもしれませんが、これは入る前に知っておいて下さい。

【注意2】LINEのID検索ができなくなる

BIGLOBE MOBILE LINE ID検索

スマホを使っている方なら当たり前のアプリになりつつあるLINEですが、もちろんBIGLOBEモバイルのスマホでも同じように使えます。ただし、場合によってはID検索ができなくなります。

ID検索できる条件

まず、ID検索ができる場合を説明します。以下のすべてにあてはまる場合は乗り換えた後もID検索できます。

  • docomo、au、SoftBankを使っていた時に年齢確認を済ませている
  • MNPで楽天モバイルに乗り換えた(年齢確認をしたときの電話番号と同じものを使っている)
  • LINEをアンインストールせずにそのまま使用している

あくまでもすべて、なので、例えば機種を新しくして、LINEを再インストールすると新たに年齢確認をしなくてはならないのでID検索は使えなくなります。

実はこの機能は青少年保護の観点から18歳未満の方は使えないようになっているのですが、格安SIMでは年齢認証ができないのです。なのでBIGLOBEモバイルを使っている間は年齢認証ができないのです。

ID検索ができない場合の対処

ID検索ができない場合、IDを自分で検索して友達を追加、ということができません。友達を追加するには他の方法でする必要があります。

  • 友達を招待する

友達のメアドか電話番号が分かっている場合、「友達を追加」から「招待」し、友達が送られて来たURLを開くことで友達に追加できます。

  • QRコード・ふるふるで登録する

相手がその場にいる場合は、自分のQRを読み込んでもらうか(相手のQRコードを読むこむか)、ふるふるで追加します。

以上になります。なので友達と一緒にいるときに済ませてしまうか、電話番号かメアドを聞いておく必要があります。

※LINEが出している格安SIM「LINEモバイル」ではID検索ができます。

【注意3】電話をたくさんかける場合は割高になることもある

BIGLOBEモバイルにはかけホーダイプランがない!

BIGLOBEモバイルの料金体系は基本的には「月に使用可能な高速通信の容量」+「通話料・SMS送信料」となります(ユニバーサル料も数円かかります)。

通話料は30秒20円(税別)ですが、利用者専用アプリ「BIGLOBEでんわ」からかければ3010(不課税)になります。なので通話料として大手キャリアよりも安くなる可能性が高いです。

またたくさん電話をかける場合は、BIGLOBEでんわで1200円分の国内通話(最大60分)が可能な「通話パック60」、BIGLOBEでんわで3分以内の国内通話が何度でも可能になる「3分かけ放題」というオプションがそれぞれ月650(不課税)で利用可能です。

なのですが、「通話パック60」に入ったとしてもそれ以上に電話をかけるとどんどん通話料が加算されて行きますので、月に何時間も電話をかける場合はどんどん料金が上がって行きます。

大手キャリアには月の通話料が無料になるパックもありますので、そちらを利用した方がお得になる場合があります。自分がどれくらい通話するか一度計算してみることをお勧めします。

【注意4】通信がやや遅くなる可能性がある

BIGLOBE MOBILE 通信速度

これは大手キャリアにも言えることですが、周囲で同じキャリアの人が同時にインターネットを利用すると、通信速度が遅くなります。1日のうち、昼休みの12〜13時、帰宅時間の17〜19時は通信速度が遅くなりがちです。

ただこれは地域にもよりますので一概には言えず、快適に利用出来ている方もいるようです。

また、時と場合によっては大手キャリアよりも格安SIMの方が速くなる場合もあるようです。なのでこれは使ってみないとわからない、というのが実際のところです。

またエンタメフリーでは別回線を使っているので、快適に視聴が可能ですよ。

【注意5】スマホによってデザリングができなくなる場合がある

BIGLOBE MOBILE デザリング

デザリングとは、スマホを使って近くにあるPCやタブレットをインターネットに接続する機能です。大手キャリアでは有料のこの機能がBIGLOBEモバイルでは無料でできるのですが、お使いのスマホによってはできない場合があります。

ご自身のスマホがデザリングできる機種かどうかはBIGLOBEのホームページで検索可能ですので、必要な方は事前にそちらで調べることをオススメします。

以上!

おしまい

BIGLOBEモバイルに入る前に知っておくべきデメリットを挙げてみました。ただこれ以上に利用料が安くなるのは魅力ですよね。自分の利用スタイルを考えて乗り換えて下さいね!